QLOOKアクセス解析

私が挫折と共にタバコを吸えなくなった経緯…4 儀式をやることにしました - 自然性回復セラピー‥MainBlog‥

< お知らせ >

NRT企画「身心一如!ブログ」心身症・ストレス症状、改善回復の秘訣!“心身セラピー”
無料資料「気づきが 心身症、ストレス症状、慢性病のこころとカラダを変える 心身セラピーのすすめ」 深息の会ブログ←整体の運動法、呼吸法と気づき体験を実習してる贅沢な会です。 NRT お知らせメールフォーム⇒【 登録 】【 解除 】 

私が挫折と共にタバコを吸えなくなった経緯…4 儀式をやることにしました

「タバコを止める」ってのは止めることにした。
だけどそのかわり、タバコと別れることにしました。

そして、別れるとともに、「吸ってよし、吸わなくてよし」という
(真実の?)自由を求め目標とすることにしました。
昔から目標は高い方がいいと申します。

それでタバコと別れる儀式をやることにしました。
まず神に祈りを捧げ…、てな事は何もやらないけれども、
目の前に座布団を1枚置いてそれをタバコに見立てて、
25年間長らく親しくつき合った人、タバ子と別れるつもりで対話することにしました。

と、こう書くと吹き出しそうになります。

私はまだその頃、ゲシュタルト療法についてその名前をかすかに聞いたくらいにしか知りませんでした。
実は私がとった行動は、この体験的心理療法のエンプティ・チェアー(空椅子)という技術にそっくりな手法だったのです。

長く付き合った人と本気になって別れると思ってみてください。
しかも、「もう会あってはならない、分かれなければ…」そういう
いわゆる依存対象としての相手と「会ってヨシ、会わなくてヨシ」を目標にするんです。

タバコを吸い始めた頃の出来事、タバコを吸って楽しかったこと、
吸いながらアイデアが浮かんだこと、その様々をピックアップしました。思い出せるままに。

そしてお礼を言いました。(涙)
そして確か、ちゃんと別れることができるかどうか自信がないことも伝えたような記憶があります。

何とかして、吸う選択も吸わない選択も可能になることを望みました。

ふーっ。
でも何かしらホッとした温かな気持ちで終わることが出来ました。


次回「挫折」に続く

会うて、別れて 別れて、会うて
泣いて、笑うて 笑うて、泣いて


P1070543☆-25.JPG

また、会うて

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 自然性回復セラピー‥MainBlog‥ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。