QLOOKアクセス解析

私が挫折と共にタバコを吸えなくなった経緯…2 その心地よさは文字で表現することができません - 自然性回復セラピー‥MainBlog‥

< お知らせ >

NRT企画「身心一如!ブログ」心身症・ストレス症状、改善回復の秘訣!“心身セラピー”
無料資料「気づきが 心身症、ストレス症状、慢性病のこころとカラダを変える 心身セラピーのすすめ」 深息の会ブログ←整体の運動法、呼吸法と気づき体験を実習してる贅沢な会です。 NRT お知らせメールフォーム⇒【 登録 】【 解除 】 

私が挫折と共にタバコを吸えなくなった経緯…2 その心地よさは文字で表現することができません

タバコを再開してから、タバコにかかるお金のことを考えていたら、
一層のこと紙巻きタバコでジックリやってみたらと思い始めた。

その少し前から、無農薬有機栽培のタバコを吸ってみたらとてもうまかったのです。
それで少し値が張るけれども同じ吸うなら質の良い方にと、乗り換えていました。

そういうタバコの作り方をしてる側の意見を調べると、
一般のタバコというのは様々な科学的(化学的)な処理がなされていて、
それが病気の元になると言うのです。

私はさほど病気を恐れてはいないのですが、
いたずらに体に負担をかけないばかりか、
こんなにも素敵な香りを味わえるなんて!と、
もっと早くこうすればよかったと思ったくらいです。

調べたらそのメーカーの紙巻きタバコがあるではないですか!
すぐ始めました。
うまかったー、本当にうまかった−。

単細胞なもので、これぞタバコ!と意気揚々としました。
一切普通のスタイルのタバコを止めて自分の手で葉を巻くスタイルになりました。

このやり方の良いところは、1本吸うために手間がかかりますから本数自体が減ります。
いちいち巻く手続きも楽しいひと時となります。
すると奇妙なプライドができて、せかせかスパスパやる傾向もなくなります。

その一時を大事にする気持ちも生まれます。
それは以前に何気なく吸っていたのとはリアル感が異なりました。

特に吸い始めのその心地よさは文字で表現することができません。
気になる人は吸ってみてください。


次回「「止める」ってのは止めよう」に続く

火遊びではないけど、こういうのも味を占めると病みつきになるのでしょうかね?
P1060508-30.JPG
高円寺びっくり大道芸2017にて

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 自然性回復セラピー‥MainBlog‥ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。