QLOOKアクセス解析

風邪を引き始めた医療…この業界もやっと自浄作用が働き始めた感じがするが、さてどんな薬で封じ込めようとするのだろう… - 自然性回復セラピー‥MainBlog‥

< お知らせ >

NRT企画「身心一如!ブログ」心身症・ストレス症状、改善回復の秘訣!“心身セラピー”
無料資料「気づきが 心身症、ストレス症状、慢性病のこころとカラダを変える 心身セラピーのすすめ」 深息の会ブログ←整体の運動法、呼吸法と気づき体験を実習してる贅沢な会です。 NRT お知らせメールフォーム⇒【 登録 】【 解除 】 

風邪を引き始めた医療…この業界もやっと自浄作用が働き始めた感じがするが、さてどんな薬で封じ込めようとするのだろう…

今年もあとわずかとなりました。
今年一年ありがとうございました。

さて、最近、ネット情報を見ていますと、

医者でありながら医療業界を真正面から批判する情報を見受けます。

極端な例では抗がん剤やその手術のネガティブな側面を露骨に指摘しています。


現場の医者が言うのですからかなり手厳しい言い方になっております。

しかしこれが暴言を並び立てているかというと一概にそうでもありません。

ときには、東洋医学の原理や心理学の基礎的なことも踏まえた上での批判です。

実例も様々紹介されており、

がんの末期でもありながら妊娠出産し、母体も健全になったケースもあるようです。

こういった動きに対して、負けじと医療側も対抗批判して本を出している医者もいます。


どのような世界でも組織化が進み、馴れ合いと慢性化が普通になってきますと、

その勢いを壊すべく異端者が現れるものです。

医療という分野はかなり権威性があると同時に薬と医療機器の業界との利害が絡みすぎています。

おまけに国民は高額な保険金を払わされていますから、効果効用と信頼を求めたくなる国民感情は自然でもあります。

でも私はこう思うのです。

一つの分野において異端者が現れる時というのは、むしろ自浄作用が働いている健全な状態ではないかと。



なぜかというとそういう現象は人の体にも自然現象として必ずあるからです。

冷えを取り組めばを出してそれを排泄しようとします。

偏った体になり無理な姿勢が続くと、痛みや不愉快な問題が生じて体に意識や注目を集めざるをえません。

この時に、問題を撲滅するような方法ではなくて、むしろどうやれば全体のバランスが取れるか、

イノチの側の慾求に沿うことができれば必ず健康状態が取り戻せるものです。


私は医療業界の全体性にまで意識を向ける事は出来ませんが、

自分にご縁がある方々の問題については可能な限り自然という事に着目したいと、そう考えています。


2015-12-23_070121.png
画像は、やりすぎ都市伝説さんよりお借りしました。

医療業界をこのお年寄りで比喩するのはちょっと失礼かと気が引けましたが、他に良い画像がありませんでした。

ごめんなさい。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 自然性回復セラピー‥MainBlog‥ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。